スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

資質能力向上の答申具体化のための検討が始まります

8月末の教師の資質向上の答申に基づき、現行の教職大学院の中身の見直しや専修免許取得に学校実習を含めるなどの具体策を検討する協力者会議が、9月26日にスタートしました。

国立私立の大学、教育委員会、民間の学校支援関係者など18人で、年内を目処に案を練ります。私も委員として入りまとめ役をやります。日本の教師のパワーアップへ、確実な一歩を進められればと思っています。

その第1回協力者会議の資料が公開されています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/093/shiryo/1326294.htm

資料3「検討項目について」にご留意ください。今回の検討は3段階免許の具体化ではなく、現在の教職大学院、教育学研究科、一般大学院の教職課程の中身の充実化が課題です。

教科を含む高度専門職に相応しい修士レベルコースの再設計、私学も参入しやすい設置基準の柔軟化、一般大学の専修免許への実習義務づけなどが検討される予定です。

そして、再来年度の教職大学院の新増設、教育学研究科の改革、一般大学専修免許条件の変更等の実施のため、来年3月の所定の規則改正が目指されています。再来年4月実施のためには、各大学は来年春までに実施計画を提出しなければなりません。

実際の検討は、省令や告示の個々の改定という細部になりますが、大事なことは、教師志望の多様な学生にも現職教員にも、魅力あり効果的な修士レベルをどうコースデザインするかです。その中で課題となっていた教職大学院の教育にどう教科を組み込みかも検討されます。

修士レベルの教育体制の量質充実の起動力になる現職派遣増については、大学院派遣を積極的に進める都道府県への研修定数増などが用意される予定です。

一気の免許法改正や修士卒へのインセンチブの付与の前に、確実に修士レベルの必要性の理解が拡がるように実績を上げるための検討が趣旨で、各大学・教育委員会の主体的・意欲的な取り組みを促すものです。

中でも国立教員養成大学学部は、その設置目的がまさに教員養成であることから、信頼される教師育成の大目的のために、厳しい自己吟味が求められるでしょう。

「学び続ける教師」はいま、全教師に必須の課題だと強く思っています。学び続けない教師は教師としてやっていけません。教師の資質能力問題は、学校や教師への不信が沈殿しつつある現状で、まさにアクチュアルな課題です。

同時にそういう教師を養成するために、教員養成に関わる大学研究者の責務は重いことを徹底自覚してほしいと思います。大学のミッションを度外視した現状維持意識ではやっていけません。意識転換が不可欠です。

なお、これらに関連した当面の課題について、私見を雑誌「シナプス」9月号に書いています。http://www.kyoikushinsha.co.jp/book/4015/index.html

近く出る日本教育学会の報告書には、もう少し長めの文章が掲載される予定です。
関連記事

Tag:教育  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

村山紀昭

Author:村山紀昭
長い間、北海道教育大学で哲学を教え、1999年から私大を含めて10年間学長をつとめました。
退職後、教育と福沢に関する月1回の勉強会「教育人間塾」を続けるとともに、文科省の委員会委員や北海道教育委員会のアドバイザーとして、教育政策とくに教師教育政策に関わってきました。
平成26年4月からはフリーなスタンスで教育や福沢について思索する日々です。
趣味は音楽とオーディオ、クラシックと初期ジャズが好き。

最新記事
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。